303 SURFBOARDS
Feature 003
Feature 003  |  KOHEI’S CREATION  |  
Text by Three O Three
Photography by Keisuke Fukamizu
Over Thirty Surfboard Models

波間のひらめき


 シングルフィンでサーフィンを始めた公平さんがシェイパーを目指し練習を重ねた後、初めてデザイン&シェイプした製品もまたシングルフィンでした。長く分厚いシングルフィンがどんどん短くなり、5’3”(160cm)でダブルオーバーの波に乗ることもあったという’70年代後半のことです。その後、ツインフィンやスタビライザーの流れを経て、1981年の末にスラスターがお目見えするとともにサーフボードはスラスター(トライフィン)全盛の時代を迎え、およそ10数年間、スラスターをシェイプする日々が続いたといいます。同じカタチのサーフボードが並ぶグラッシングルームでの作業は、今から思えば易しく単調なものでした。’80年代のスラスターはテール幅も広くサーファーにも易しく乗りやすいものでしたが、’90年代半ばには研ぎ澄まされて、ビギナーにはとても扱えるようなカタチとは言えず、海の中ではバランスさえ取れないサーフボードに悪戦苦闘する、そんなサーファーたちを多く見かけるようになりました。サーフィンを体得するには難 しい時代でもありました。良い波ならばまだ助けられますが、膝波ではどうにもなりません。また、’90年代に入って火がついたロングボードの再来は、サーフィンスタイルの多様化の口火も切りましたが、6’1”のショートボードと9’0”のロングボードが並ぶ波間に、少しの違和感を感じていた公平さんでした。

Glitter in between the waves


Kohei’s started surfing on single fin surfboard , so when he started to shape, his first designed template and shape was also a single fin. But then, longer & thicker single fin design got shorter around late 70s to be able to turn more on the face. He went as short as 5’3” , to ride double over head surf. Twin fins & 2+1 stabilizer design came & gone as soon as Thruster was introduced by Simon Anderson, then all else was sort of disappeared from the surfboard rack.He shaped thrusters only for over 10 years, every day. Looking back for that era in shaping & glassing room, it was a simple but repetitive time which is very different from recent days. 80’s thruster design had wider tail and volume, so it was not too difficult to ride for any level of surfers. But as the surfing progressed with surfers like Kelly Slater & Rob Machado in the 90’s , it got narrower, thinner, razer sharp & curvier, often looked like potato chip. For the average Joes, the product was even hard to balance in waiting position, let alone catching waves...It worked better in good , bigger wave conditions, but created a difficulty time for the beginners.Also, 90’s brought back Long board that started different aspect of styles to the beach. Kohei remember it was a bit of a strange time to see 6’1” potato chip in between 9’0” long boards.

1

 そんな日常の中から「安定したパドリングと早いテイクオフにはEasy Rider」「ロングボードがうまく扱えないなら、同じようにノーズライドできるBaby Queen’s」「波の無い日曜日もたくさん波に乗れるSunny」「スラスターが一番乗りやすかった頃のリメイクOld Star」―― そうしてエモーショナルなクリエイションは始まりました。今からちょうど20年前のことです。サーフボードにモデル名を付けるサーフボードブランドなど、当時おそらく日本では303以外、他にはありませんでした。

It was about 20 years ago, Kohei started an emotional journey, to design better for the different needs by the users. He even come up with the idea to assign model names which was unusual at the time in Japan. It started like this : “Easy Rider” for stable paddling and easy take off.“ Baby Queen’s “ for the surfers not ready for long board but want to get on the nose. “ Sunny “ for weekend warriors to catch & ride more waves even on clouded Sunday“ Old Star “ for bring back olden day’s thruster design

2


昔を振り返り、新しい定番を


 2003年、ある日ぼんやりと自分のサーフボードストックルームを眺めていました。自分が昔々に乗っていた懐かしいツインフィンが目に止まり、もちろん海へと連れて行き、とても楽しく波に乗りました。懐かしいルースなフィーリング。横へ横へと伸びるライン。あの時には思いつかなかった、シェイプを重ねてきたからこそのデザインアイディアがふつふつと浮かんできました。そして「今、こんなサーフィンがあっても楽しいではないか」と生まれたのがFishcake(魚→大好物のカ マボコ。モデル名はいつもこんな風に肩の力を抜いて、楽しい気持ちで考えました)でした。メディアの取材にはこう答えた記録があります。『今大切なのは、波に応じてサーフボードを選ぶこと。もっと大切なのは、どういうサーフィンを目指すのかということ。ショートボードは今まで以上にタイトになって行くはずだから、もっともっと乗る人に合った個性的なサーフボードをすすめていきたいと思います。今年、ツインフィンはどうでしょうか?』と。

Look back in the past & create new standard for today


One day in 2003, Kohei was in the stock room and noticed his own old twin fin board that he liked. He took it to the beach and tried, had a really fun session. That loose feeling & speed that goes faster & faster in horizontal direction got him thinking to design new model . “ May be it is OK to bring back that feeling to just have fun surfing. “ He loves fish cake and he is happy when he eats it, so he decided to name the model “ Fishcake “ , nothing too serious, just for fun and enjoyment. His quote from some interviews around that time : “ It is important for the surfers to select the board design based on the wave or what surfing style the one prefers. Short board design will progress more for a while, which is not necessary easy one to ride for everyone. So, I would like to provide personalized designs to choose from, rather than stick with high performance designs only. How about Twin Fin this year? “
 それからは時代の大きな流れをつくり、流れに乗って、新しい303の定番は生まれ続けました。20年間で、30の定番。その全ては、およそ一年間たくさんのテストや改良を自分たちで重ね、カタチにしたものです。時には産みの苦しみもあった、かわいい303の子供達。どのモデルにも、Easy RiderやBaby Queen’sのように誕生のストーリーがあり、そのサーフボードで実際波に乗ったサーファーには体得できる、心地良いデザインテーマが掲げられています。

Ever since then, he kept coming up with new ideas & designs for 303 Surfboard. 30 standards have created in 20 years. All the designs are tested as long as 12 month to test & improve by himself and friends to finalize. Those are fun times but some pain was involved as well. Just like mother need to go through the labor pain to have her own baby, right? Those 30 models are our precious babies. All the models have a stories, just like Easy Rider or Baby Queen’s. All the model names & boards represent different characters that the owner will be able to feel & be comfortable with.

<30 Models>


3-min