303 SURFBOARDS

SURFBOARDS

303×JunJo
DECK | BOTTOM
DIMENSION
Length5'5"(165cm) ~ 6'4"(193cm)
Width18  5/8"(47.3cm) ~ 19  7/8"(50.5cm)
Thickness2 1/4"(5.7cm) ~ 2 5/8"(6.7cm)
RECOMMENDED DIMENSION
58kg 5’7”(170cm)×18 7/8”(47.9cm)×2 1/4”(5.7cm)
65kg 5’9”(176cm)×19 1/4”(48.9cm)×2 5/16”(5.9cm)
72kg 5’11”(181cm)×19 3/8”(49.2cm)×2 7/16”(6.2cm)
PRICE
¥128,000(+tax)
千葉公平と純城(Jun Jo)とのコラボレーションによって生まれた303×ジュンジョーモデル。日本とハワイを互いに行き来しながらほぼ2年にわたるテストを重ねて、スモールウエイブからバレルまでこの1本でカバーできるという無敵のサーフボードが完成しました。
ノーズにワイドがありながら鋭角な動きもイージーに。テールに5つのプラグがあっても、その絞り込んだラウンドピンテールのおかげでスムーズ&スピーディに。フィンのセッティングも、スピードが欲しい時にはクワッドに。より鋭角な動きが欲しい時にはトライフィンに。
サーフボードは使い分けるのではなく使いこなすもの。303×JunJoモデルがそう教えてくれます。

【純 城 からのコメント】
もう随分と長い間、どうしたらあらゆるコンディションで乗る事が出来るボードをデザイン出来るか、って考えていたんだ。小さくてマッシーなサーフから大きなハワイの波までね。それで公平さんと僕の思う完璧なボード、僕の欲しいボードのデザインを話し合って、テストを重ねてきたんだ。どんな波にも適応できるボードを。
そして完成したのがこのJun Jo x 303っていうモデルなんだよ。幾つかのパートが大事な意味を持っている。まずボードのフロント エリア、つまりノーズの周りの幅やボリューム。これがパドルの際に十分な浮力を与えてくれるから、テイクオフが早くかつスムーズで、立ち上がってからも波の上を楽にグライドさせてくれる。
もう一つは広めで幅があるフロントからセンターのアウトラインが、大きな波用のガンのデザインの様に狭いテールへ、と大きく絞られている事。小さい波用のボードでは広めのテールが多いけど、広いテールは波が大きくなるとターンが難しくなる。でもこの狭いテールのおかげで早くて硬い波の面でも、ハードにテールを沈めたターンが可能になった。だから、波の上でのポジション取りがうまく行くんだ。 
この二つのデザインの結果、グライドとスピードという二つの要素のベストのコンビネーションを生み出す事が出来た、と思っている。
それと、5つのプラグが取り付けてあるから、クアッドかトライのチョイスができる事も大きいポイントなんだよ。波によって簡単に変更できるんだからね。 僕の場合はスピードが必要だ、と思った時はクワッドにする。つまり波に力が無いか、あるいはダウンザラインのサーフが必要な時、っていう事になるね。トライフィンにするのは、スピードよりもボトムやトップでのターンのコントロールが必要だ、と思った時。結果として、このボードがあればどんな波にも対応できる、っていう事になった。
旅をする時は、この1本だけあれば十分さ。最高! 
Kohei Chiba, Japan and Jun Jo, Hawaii collaborated to design this particular model. Both surfers flew across the pacific for a few years to test to the design which can suit small beach break waves , to barreling reef breaks.
Despite its wider nose design, it will turn very sharp in any situation. Even with 5 plugs for various fin settings, the tail area is narrow and tight for the round pin tail design. This will promise smooth & speedy surfing.
Quad set up for more speed, Tri fin for more vertical turns.
With it’s creative mixed design, this model eliminates the need of multiple boards in the board bag. You will choose the set up, then surf, rather than allowing the conditions to dictate which board to use.

【Comment from Jun Jo】
What I have been thinking for a long time is how I could design one surfboard that you could ride in all conditions. From flat mushy surf to bigger hawaii waves. So me and Kohei started to design a perfect board that would work like how I wanted.
We wanted to make a board that would work for everything.
So with the Jun Jo x 303 Surfboard you can see how it would work in all conditions. There is a few important parts of the boards. One is the width in the front area of the board , what this does is give you enough floatation to paddle into waves easier and once riding the waves it gives you more glide on the waves.
Another point is where the board is wide the outline goes narrow like a gun what that does is usually with shorter boards most people make wider tails with makes where you cant turn hard , so with the narrow tail you can sink the tail when on the wave and really turn hard where ever you need to on the wave. So what you have is glide / speed with the wide front of the board and narrow tail so you can turn hard its the best combination.
Last point is the 5 fin set up where you can make it a quad or tri fin. Depending on waves you can change it around . For me I use the quads for waves that I need extra speed which means either when the waves are weak or the waves are very down the line.
I use tri fin when I don’t need too much speed and want to go more off the bottom off the top.
As you can see you can use this board in all kinds of surf.
When traveling I only need this board. Its perfect.
CUSTOMIZE DETAILS
Video  |  303×JunJo  |  
Surfer:Jun Jo
Surfboards:303×JunJo model 5’6”
Video  |  Jun Jo X 303 X Kohei  |  
Surfer:Jun Jo
Surfboards:303×JunJo model 5’6” & 5’7”
Video  |  303×JunJo  |  
Surfer:Jun Jo
Surfboards:303×JunJo model 5’6”